1. HOME
  2. 事業案内
  3. 法人・組織向け
  4. 2030 SDGsゲーム × イノベーション人材育成

法人・組織向け

法人・組織向け

法人・組織向け

2030 SDGsゲーム × イノベーション人材育成

▶CSVを考えられる人材は待った無し

2017年11月 経団連が、2018年3月 全銀協がSDGsを行動憲章に取り入れました。
ビジネスの社会的影響が増大する中、「持続可能性(Sustanability)」というキーワードは、無視できない状況になっています。

ビジネス上の目的と社会的なインパクトの両方を考慮する、「CSR」を超えた「CSV(Creating Shared Value)」というキーワードが企業の大事な軸になっている上、世界の消費者の7割以上が「サステナブルなブランドの商品は割高でも問題ない」と考えています。

また、世界の労働人口は2025年に75%がミレニアル世代になるため、消費者の意識は大幅に変化すると考えられますが、日本は、2025年になっても、45歳以上の労働人口が50%を占めるため、世界とのビジネス意識格差が広がっていく可能性が高い状況です。

この時流の中で、企業として「持続可能性(Sustanability)」とSDGsをどのように意識してビジネスをしていくか。
ビジネスの源泉である人材を、どのように時代と世界に合わせて意識変革していくか、グローバルにビジネスをしている企業ほど必須となりますし、ビジネスに国境がなくなっている今、中小企業にとっても対岸の火事ではない状況です。

本プログラムは、「SDGsを切り口に社内外と共にイノベーションを起こし、CSVを作り出せる人材を育成する」のためのプログラムです。

▶2030 SDGsゲームとは?

カードゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」はSDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。

このゲームはSDGsの目標を1つ1つ細かく勉強するためのものではありません。

・なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか
・SDGsがあることによってどんな変化や可能性があるのか
・私たちが今、何ができるのか

を体験的に理解するためのゲームです。

ただ、数時間説明を聞いているだけではSDGsについて興味を持てないという社員も多いと思います。
ゲームをすることで、SDGsという言葉を聞いたことがない社員、あまり興味関心がない社員でも若手・マネージャー層関係なく、楽しみながらSDGsの本質を理解することができます。

【体験会】本研修実施を検討される人事担当者向け体験会を定期開催しております。詳しくはこちらからお問い合わせください。

▶SDGs×イノベーション人材研修 開催目安

【実施人数】
最小8人 〜 40人程度

【想定する対象者】
企業内で新規事業や事業推進する立場にいる社員、ミレニアム世代の社員

【内容】
・ カードゲームを使ったワークショップで、SDGsの本質を把握する
・ 企業価値と社会価値を同時に実現する「Creating Shared Value(共有価値の創造)」について学ぶ
・ SDGsを切り口にするにあたり、感じているもの壁を認知する
・ 社内外と繋がりイノベーションを起こすマインドセットを持つ
・ アクションプランを検討し、一歩踏み出す

【実施時間】
6時間(休憩含め7時間)

【法人向け費用目安】
講師料金20万+参加者1人あたり  50,000円(税別)
※非営利組織については予算についてご相談ください。
※遠方や前泊が必要な場合は、旅費を別途頂戴しております
※メンバーは、アクセラレータープログラム等で事業家育成マネージャー、メンターも数多く経験しており、本研修実施後、「新規事業立案」等の研修についてもお受けしております。
※法人向け事業につきましては関連組織である株式会社4smilesと共同で提供しております。